ホーム > 製品情報 > 【エアドライヤ 】吸着式エアドライヤ

製品情報

【エアドライヤ】吸着式エアドライヤ

圧縮空気浄化システム総合カタログ ダウンロード  圧縮空気浄化システム総合カタログ:約0.8M

※PDFファイルを閲覧するには、Adobe Systems社の Acrobat Reader が必要です。 
→AdobeReaderをダウンロードする

(詳細の仕様はカタログをご覧下さい)

DHシリーズ

吸着剤を使用して、圧縮空気中の水分を除去します。 プレフィルタで圧縮空気中の水と油を除去してやれば、高品質の圧縮空気をお届けします。

 

  • 乾燥した圧縮空気を利用して、吸着剤を乾燥させる自己再生方式により、ヒーター不要。
  • 水分は気化されて除去されますので、排出しなければならない廃液がありません。
  • オプションで、屋外仕様、高圧仕様(4.9Mpa)の製作が可能です。

 

原理構造図

  1. エアドライヤに入ってきた圧縮空気は、バルブBを通り吸着塔T1で除湿され、乾燥空気となって逆止弁Eを通り、空気出口に出て行きます。
  2. 又、この乾燥空気の一部はニードルバルブJ、オリフィスK、逆止弁Hを通り、吸着塔T2で吸着剤を再生し、 水分を伴ってバルブD、サイレンサーMを通り大気へ放出されます。
  3. 一定時間後バルブの作動によってこれと逆に吸着塔T1が再生され、T2が吸着の状態となり、この繰り返しによって連続的に乾燥空気が得られます。

この切換サイクルを標準の10分切換から4分切換にすることにより、より低露点の乾燥空気を供給する事が出来ます。

→製品情報TOPへ