ホーム > 製品情報 > 【窒素ガス発生装置】

製品情報

【窒素ガス発生装置】

大気の大部分を構成する窒素は、自分で簡単に作れます。
  • 【活用方法】
    食品の保存(酸化防止、風味維持、形状維持)。レーザー加工、金属加工、ハンダ付時の酸化防止。クリーニング後の衣類の保管(防カビ・防虫)。ロー付時の品質向上(酸化防止)。樹脂成形の歩留まり向上(酸化防止)。タイヤ充填(圧力保持)等
  • カタログダウンロード  カタログデータ:約2MB

    ※PDFファイルを閲覧するには、Adobe Systems社の Acrobat Reader が必要です。 
    →AdobeReaderをダウンロードする

    (詳細の仕様はカタログをご覧下さい)

    窒素ガスのお話

    空気の成分:アルゴン約1%・酸素約21%・窒素78%

    窒素は空気中に約78%含まれており、大気の大部分を構成する気体です。
    窒素は不燃性ガスであり、温度変化による圧力変化が少ないという特性から様々な分野で利用されてきました。
    しかし、その供給方法は工場で一貫生産されたものをガスボンベに詰め、配達供給されるというのが主流でした。
    考えてみれば、元々大気中にたくさん存在する窒素を費用をかけてこのようなかたちで供給され、しかもボンベの管理も行わなければならないのは、非効率なやりかたです。 経済性の面からも窒素ガスは必要なときに自分で生産し、必要なところに供給出来る装置の開発が望まれていたのかもしれません。
    日本精器は、永年の空気圧機器の製造メーカーとしての経験と技術を生かし、圧縮空気の応用機器を真剣に考え、 お客様に真の価値をご提供しています。

    1. ■ マイクロミニタイプ(TMMシリーズ)
    2. ・大学・研究所の分析装置や研究・実験用

    窒素ガス発生装置カタログダウンロード

     特徴

    1. エアポンプ内蔵
      国内メーカーの高寿命、低振動、低騒音のポンプを内蔵。
    2. 超コンパクト
      卓上タイプの超小型タイプ。電磁弁等の各機器を極限まで小型化。
    3. 運転状態をLCD表示
      酸素濃度、発生量、運転時間等、様々な情報を表示します。
    型番純度99%99.9%99.99%
    周波数
    (Hz)
    発生量
    (NL/min)
    圧力
    (MPa)
    発生量
    (NL/min)
    圧力
    (MPa)
    発生量
    (NL/min)
    圧力
    (MPa)
    ANW*-009TMM-PCO50/6040.2020.2010.20



    1. ■ 標準ミニタイプ(Tシリーズ)
    2. ・多品種、様々な用途に適応

    窒素ガス発生装置カタログダウンロード

     特徴

    1. オイルフリーミニコンプレッサを内蔵
      国内メーカー製オイルフリーコンプレッサ内蔵。
    2. 定流量弁を標準装備
      出口側の圧力に左右されず一定量を吐出します。
    3. 3種類の運転設定が可能
      ローカル運転・リモート運転・タンク圧力運転。
    4.         
    5. 運転状態をLCDで表示
      酸素濃度、発生量、運転時間等、様々な情報を表示します。
    型番純度99%99.9%99.99%
    周波数
    (Hz)
    発生量
    (NL/min)
    圧力
    (MPa)
    発生量
    (NL/min)
    圧力
    (MPa)
    発生量
    (NL/min)
    圧力
    (MPa)
    ANW*-04TPCO50120.4090.4560.50
    60140.47110.477.50.55
    ANW*-08TPCO50240.40180.45120.50
    60270.47210.47150.55
    ANW*-12TPCO50370.43280.47190.50
    60410.47320.50220.55
    ANW*-16TPCO50490.40360.45250.50
    60550.45430.48300.53


    窒素ガス発生装置カタログダウンロード

    1. ■ ハイパワータイプ(TMシリーズ)
    2. ・高性能・省スペース・省エネ

    窒素ガス発生装置カタログダウンロード

    特徴

    1. コンパクトでありながら高性能を実現
      面積比20%削減(当社比)、標準最大吐出圧力0.6MPa。
    2. オイルフリーミニコンプレッサを内蔵
      国内メーカー製オイルフリーコンプレッサ内蔵。
    3. 省エネ
      インバータを内蔵し、省エネ運転と周波数の制限をなくしました。
    4.         
    5. 定流量弁を標準装備
      出口側の圧力に左右されず一定量を吐出します。
    型番純度99%99.9%99.99%
    周波数
    (Hz)
    発生量
    (NL/min)
    圧力
    (MPa)
    発生量
    (NL/min)
    圧力
    (MPa)
    発生量
    (NL/min)
    圧力
    (MPa)
    ANW*-15TMPCO50/60550.55400.55300.60
    ANW*-22TMPCO50/60870.55620.55450.60

    PSA方式とは

    窒素ガス発生装置フローシート

    PSA方式とは、いま最も注目されているガス分離技術です。

    窒素PSAは空気中の酸素等を吸着剤により吸着させ、純度の高い窒素を発生させる方法です。左図に於いて、

    1. エアドライヤで除湿された圧縮空気は、吸着塔T1で吸着剤により、酸素が吸着され、高純度の窒素ガスとして吸着塔T1の先端から流出されます。
    2. この時、吸着塔T2では、圧力を低下させ、吸着塔T1で発生した窒素をパージすることにより、 すでに酸素等を吸着している吸着剤から、酸素を脱着させ、吸着力を回復させています。
    3. 吸着塔T2の吸着力が回復すると、電磁弁の切替により、圧縮空気は吸着塔T2に送られ、吸着塔T1では圧力が低下して、 吸着塔T2で発生した窒素ガスでパージすることにより、吸着剤の吸着力の回復を行います。
    4. このようにして、吸着塔T1とT2への供給と乾燥の繰り返しによって、連続的に高純度の窒素が得られます。

    →製品情報TOPへ